お問い合わせ番号:(86)755-28135737

カテゴリ: as  274  784  xxx  1399  322E  ML-427  2078
ニュース
 代表:

(86)755-28135737

 FAX:

(86)755-28134085

 営業部:

(86)755-28135699

(86)755-28134167


 本社所在地
 〒:518109 中国広東省深セン市竜華新区竜華事務所油松第二工業区
業界ニュース

ブリキ缶の歴史

トップページへ戻る来源:深セン美新隆製缶株式会社 発表日時:2019-07-30 ブラウズ:

    ブリキはボヘミア(現在はチェコ共和国とスロバキア)で生まれました。この地域は古くから金属技術が豊富であり、油圧装置を使って機械を製造する方法を知っていて、14世紀からブリキを製造しています。長い間、それは世界のブリキの主要生産国でした。当時、ブリキは主に食器や飲み道具を作るのに使われていました。その後、第一次世界大戦では、さまざまな国の軍が多数のブリキ容器(缶)を製造していました。
    17世紀には、イギリス、フランス、スウェーデンが独自のブリキ産業を確立することを望みましたが、多額の資金が必要なので開発されていませんでした。1811年ブライアン・ドンキンとジョン・ホールがブリキ缶包装の食品を製作した後、ブリキ製造は大規模に開発されました。現在、世界中で約25万トンの錫が生産されており、その3分の1以上がブリキの製造に使用されています。ブリキのほとんどは缶包装食品業界で使用されています。
    ブリキの表面の錫がコーティングですので、本名は錫メッキブリキ鋼板です。ET材も言います。錫は腐食や錆を防ぐ作用があります。強度と成形性がある鋼は耐食性、美観な外観がある錫と組み合わせて耐食性、非毒性、高強度および良好な延性を有するブリキになります。
    ブリキは、食品の衛生を確保し、腐敗の可能性を最小限に抑え、健康によいです。食品の便利性と速い需要に応じて、お茶缶、お酒缶、食品缶、キャンディー缶、月餅缶などの缶包装はよく使用されています。

読むお薦め

【本文のラベル】:

【責任編集】:深セン美新隆製缶株式会社   版権所有:http://www.tinbox-tin.com   転載・複製を行う場合は、出所を明記指定ください