お問い合わせ番号:(86)755-28135737

カテゴリ: 274  1399  ML-427  190  322E  374  2079  348
ニュース
 代表:

(86)755-28135737

 FAX:

(86)755-28134085

 営業部:

(86)755-28135699

(86)755-28134167


 本社所在地
 〒:518109 中国広東省深セン市竜華新区竜華事務所油松第二工業区
企業動態

缶生産のためにどの厚さのブリキは適当ですか

トップページへ戻る来源:深セン美新隆製缶株式会社 発表日時:2019-04-15 ブラウズ:

 ブリキ缶の生産の初め、どの厚さのブリキを選択するのが適当でしょうか?缶の工芸とサイズによってブリキ材料の厚さは違います。では、どの場合がどの厚さのブリキを選択するのは適当でしょうか?
 様々な厚さのブリキがありますが、一般的に使用するのブリキの厚さは0.23mm,0.25mm,0.28mm,0.30mmと0.35mmです。普通の小さい型の缶、例えばお茶の缶、タバコの缶、文具の缶などの生産には0.23mmの厚さのブリキが対応できます。大きい型の缶、例えば月餅缶、ハンドル付きの缶、チョコレート缶などの生産には0.25mm或いは0.28mmの厚さのブリキを使用します。他に、ドロー缶のブリキ材料の厚さは缶の大きさによって決めることではなく、絞り加工の程度のよって決めます。絞り加工の程度の強さによってブリキの厚さの要求は高くなります。ドロー缶の生産に一般的に0.25mm,0.28mmと0.30mmの厚さのブリキを使用します。0.35mm厚さのブリキの使用は少ないですが、普通はアイスバケツ、ビール樽、トレーと広告板の生産に使用されます。
 一般的に工場はお客さんの要求と予算によってブリキの厚さを選択します。

読むお薦め

【本文のラベル】:

【責任編集】:深セン美新隆製缶株式会社   版権所有:http://www.tinbox-tin.com   転載・複製を行う場合は、出所を明記指定ください