お問い合わせ番号:(86)755-28135737

カテゴリ: 丸缶  as  2078  ML-427  1399  274  784  xxx
ニュース
 代表:

(86)755-28135737

 FAX:

(86)755-28134085

 営業部:

(86)755-28135699

(86)755-28134167


 本社所在地
 〒:518109 中国広東省深セン市竜華新区竜華事務所油松第二工業区
業界ニュース

缶の種類ー2ピース缶と3ピース缶

トップページへ戻る来源:深セン美新隆製缶株式会社 発表日時:2021-05-31 ブラウズ:

缶は構造により2ピース缶と3ピース缶に分かれます。
2ピース缶というの は缶蓋 と 缶胴 の二つの部品からなることです。
缶胴と缶底は同じの鉄板でプレス加工して製作されたので、一体になって隙間がありません。
ですから2ピース缶は主にプレス缶のことを言います。
3ピース缶は 缶蓋 、 缶胴 、缶 底 の 三つの部品から成る缶です。 
三つの部品は分けて三つの鉄板で製作されました。缶胴と缶底は巻き締め加工で接合します。
2ピース缶は3ピース缶に比べて下記の利点があります。
1、缶胴と缶底が一体となっているので、密閉性が高い。漏れることがなくて漏れ検査の操作は要りません。
2、内装商品に対しての保護性が高い。溶接の操作がなくて鉛汚染を避けます。高温を耐えて殺菌もできるので内装の商品は清潔で衛生的です。
3、缶胴と缶底が一体なので外観に見た目がいいです。缶胴は連続して印刷することができ、印刷効果も良いです。
4、生産力が上昇できる。2ピース缶はただ二つの部品がありますので、生産プロセスが簡単になり生産時間も少なくなりました。
5、原材料を節約することができる。缶胴と缶底は同じの鉄板でプレス加工して製作したので缶底の材料は要りません。無駄な材料も少なくなりました。
6、開閉便利です。多くの2ピース缶が開閉便利の構造なので、缶の開閉は便利になりました。
2ピース缶の欠点もあります。
2ピース缶の生産は材料、製缶技術、製缶設備などに対する要求が高いです。
2ピース缶の耐食性と耐圧性は高くないです。内装商品の種類も少ないです。
現在2ピース缶の材料は多くにアルミで次はブリキです。3ピース缶の材料は主にブリキです。

読むお薦め

【本文のラベル】:

【責任編集】:深セン美新隆製缶株式会社   版権所有:https://www.tinbox-tin.com   転載・複製を行う場合は、出所を明記指定ください